高額のレーシックは保険がききません

高額のレーシックは保険がききません

よく知られる視力回復手術のレーシック手術は保険がききません。
これはメガネやコンタクトレンズを購入するときのように保険がきかないのと同じ考えです。
しかし、生命保険会社の保険によってはレーシックに保険がきくところもあるようです。
レーシック手術を検討されている方は一度ご加入の保険会社に問い合わせをしてみるほうがいいかもしれません。

高額とは聞きますが実際レーシックの費用ってどのくらいかかるかご存知でしょうか?
レーシック手術にかかる費用は安くても20万前後、高くて60万ほどかかる病院もあるようです。
以前はやはり高額で60万ぐらい費用がかかるクリニックが多かったようですが、最近はレーシックがみなさんに認知されてきたせいか、病院同士の価格競争が起きたからか安いとこで両目で13万円ほどという病院もあるようです。
価格にまだまだバラつきがありますがレーシックの適正価格はまだ分からないという方が的確でしょう。
現在、視力回復手術の業界では価格競争の真っ只中です。
近所のクリニックが価格を安くしたら、自分病院も価格を下げないとお客さんが来てくれないといった感じで業界の価格自体が流動的なのです。
このような状況が続けばいずれ適正価格に落ち着くはずですがそれがいつになるかはわかりません。
このような状況ではレーシック手術を受けるのは少々待ってみたほうがいいかもしれません。
視力回復手術代金が高いと生活に影響しますので手が出せませんし、あまりにも安いと衛生上の問題や手術の質等とても心配になります。
レーシックで有名なクリニックはどこも手術代が20万~30万程度のようですのでそのあたりの金額を目安にいくつか探して、気になるところは電話などで相談してみるといいでしょう。