全ての人がレーシックを受けられるわけてではありません

全ての人がレーシックを受けられるわけてではありません

視力を回復させる手術で人気ナンバーワンはレーシックですが、誰でも受けられるというわけではありません。
レーシックは非常にデリケートな部分である目を手術するので、目に疾患があったり、身体に病気の症状があったりすると受けられません。
自分がレーシックを受けられるかどうかは、まずあらかじめ専門医に確認をしておくほうがいいでしょう。
レーシックを受けられない症状をあげると
・円錐角膜 
・白内障 
・緑内障 
・アレルギー性結膜炎
・網膜疾患 
・ドライアイなど
眼病が原因でレーシック手術を受けられない人がいます。特にアレルギー性結膜炎やドライアイは多くの方がそういう症状を持っているので、あまり自分で勝手に判断せず、専門医に相談することべきです。

また以下の症状の方もレーシック手術を受けられない人です。
・極度の乱視 
・弱視 
・角膜が薄い 
・極度の乱視など
角膜の状態がレーシックに適さない場合はレーシック手術を受けられないことがあります。
ただこれも一概に上記の症状のひとは全員ダメかというとそうではありません。
どこまでが対象かは判断が難しいため、専門医に相談することをおすすめします。
最後に以下の方々もレーシック手術を受けられません
・18歳未満
・妊娠中
・授乳中に該当する人もレーシック手術を受けられません。
注意:年齢制限に関しては17歳と言っているところもあれば、20歳と言っているところも見かけます。
やはりそれぞれ個人差があるりますので、年齢制限に該当する人でも、一度相談してみて下さい。
妊娠中や授乳中の人は、レーシック手術で使用する薬が、赤ちゃんへの影響の可能性があるため受けることができないようです。