レーシックの原理を知って正しい知識をつけよう

レーシックの原理を知って正しい知識をつけよう

わたしのまわりにもレーシックの視力回復手術を受けて視力回復したひとが結構います。
最近ではレーシックを受ける人が数年前にくらべかなり急激に増えています。
そもそも近視や遠視の原因というのは、目に入ってくる光の屈折が上手に出来ないことが原因です。
光の屈折を上手く調整できないため焦点をきちんと合わせる事が出来ないため、視力が低下する(見えづらい)という症状を起こすことになります。
メガネやコンタクトレンズを使用するのは、裸眼で上手く光の屈折を調節できなくなったため、レンズを通してその代わりを行います。
レーシックとはどのような原理で視力回復するのでしょう?
レーシックとは簡単に言ってしまうと、レーザーを使って角膜の形を変えることで視力を回復させる手術のことをいいます。
 ひかりの焦点を合わせるように角膜の形を変えることで、光の屈折が上手くいくようになりなります。
こうすることで視力を回復させることができます。
現在、視力回復手術として、レーシックは不動の地位を確立しているといえるかも知れません。
現在レーシックは危険性は高くはないと言われてますが、高額で目の症状により誰でも受けられる視力回復手術ではないため、自分の目の症状が受けられる手術か否か、きちんと調べる必要があります。