視力回復のため必要な視力の定義

視力回復のため必要な視力の定義

視力回復のために、私たちはまず視力自体について知る必要があります。視力とは、光を受容する感覚器である「目(眼)」で物体を識別出来る能力のことを指します。屈折異常や調節異常によって視力が低下してしまった場合には、屈折矯正を行うことによって、視力を良くすることが可能だと考えられています。しかし、疾患によって視力が低下してしまった場合には、その要因(原因)を取り除かない限りは、視力が回復することはないそうです。また、世の中には「眼力」や「目力」という言葉がありますが、これは視力とはまた別の定義になります。ちなみに、運転や操縦などを行う資格を取得する時には、視力についての基準が、明確に定められています。生後すぐの赤ちゃんは、ようやく明暗の識別が出来る程度だと言われています。目を正しく使うことによって、視力が発達していくわけです。6歳頃までには、大人と同じ程度の視力が完成します。この期間、外傷や疾患などを原因として、目を正しく使う習慣が付いていないと、弱視になりやすくなるので、注意が必要です。老視によって近点視力が低下するのが、大体40歳前後だとされています。