視力回復体操はバカにできない

視力回復体操はバカにできない

聞き慣れないことばですが視力回復の体操をご存知ですか?
近視の人の症状として肩こりや眼精疲労、コンタクトが合っていない等で悩んでいると思いますが、教室や自宅でトレーニングをすることで視力をある程度回復させる事ができるそうなんです。
体操と言っても様々方法があるので、自分にあった、無理せず毎日続けられる体操を見つける事が一番肝心です。眼科で教えてもらう様な簡単な方法だと、眼球運動があり、目の準備体操と考えてもらえばわかりやすいでしょう。
自分で簡単にでき隙間時間にいつでもできます。
上下左右に眼球を動かことで、ストレッチをして眼筋をほぐす体操のことです。簡単にネットで画像や動画を観て行うことができるので一緒に行うと覚えやすいと思いますよ。その他にまばたき運動とウインク視力回復法というものがあります。要はまばたきやウインクをして眼筋を鍛えるというものです。
仕事や普段の生活でパソコンや本を長時間凝視していると、目が疲れ眼精疲労の原因になります。
眼球運動と合わせて行うと効果的といえるでしょう。
ポータブルゲーム機のニンテンドーDSで知られている、川村式の「ジニアスeye」というものもあります。これも、目の運動をして筋力を鍛え、眼球の血行を良くするという考え方のものです。
視力回復の体操は目を動かす事だと思われがちですがそれだけではありません。
ヨガには「視力回復ヨガ」というものがあります。目のツボを押しながら、ヨガのポーズをする事によって眼筋が鍛えられ、改善されることもあるようです。
上にあげた視力回復の体操には共通点があり、それは目の筋肉を鍛えたり、ほぐしたりして血行を良くするところです。
普段の生活で長時間目を酷使する場合は途中で、隙間時間に眼球運動や瞬きをしたり、目薬をさして休憩しましょう。まずは、自分に合った視力回復体操を見つけて自分で工夫しながら楽しみながら続けてみて下さい。