視力回復はホントに可能なの?

視力回復はホントに可能なの?

子供の眼に関する情報を紹介します。
お子さんの目が悪くなって、どうにかしてあげたいと思う親御さんも多いことでしょう。
結論からいえば視力回復は十分可能です。
しかし、視力回復についてまず目が悪くなる原因とそもそも低下してしまった視力は回復するのかということを話しする必要があるとおもいます。
そして、そのために目が見える仕組みからまず理解する必要があると考えています。
まず簡単ですが目が見える仕組みと目が悪くなる原因、そして視力回復の可能性について順に話ししたいと思います。
①目が見える仕組みと近視とは
私たちの目というのは外部から網膜を通し、目の水晶体であるレンズに光が入り、網膜上に焦点を結ぶことで物が見える仕組みになっています。ちょっと難しくイメージしにくいかもしれません。
このように正しい状態を正視と言います。
そしてこの焦点を結ぶ場所(点)が正視より網膜より手前で焦点を結ぶと近視になり、目の奥で焦点を結ぶと遠視となってしまいます。しかしあまり知られていないことですが、子供のころは誰でも比較的遠視気味なのだそうです。
子供は成長するにつれて、眼球が大きく成長していきます。
ということは大人になることで子供の目が近視の方向に進んでいくのです。
なので子供が近視の方向に進んでいくことは特別なことではないことがわかります。
最近、小学校低学年での近視の子供が増加していると指摘されており、その原因が携帯ゲームのやりすぎなどがあげられますが、むしろ専門家の方で食生活など生活環境が以前と大きく変化したこにより小学生・中学生の平均身長が伸び、このことが大きな要因であると言われています。