正しいまばたきが視力回復に繋がります

正しいまばたきが視力回復に繋がります

まばたきをすることにより、視力回復ができるとも言われています。人間は誰もがまばたきをするものですが、意識的にまばたきをする人は少ないでしょう。目を酷使する方は特にまばたきをすることが少なくなっていますので、なるべくまばたきをするようにした方が良いと言われています。

まばたきをすることにより、短時間で目を休める働きと目に潤いを与える働きがありますので、目にとってまばたきは非常に重要な動きなのです。だからこそ、自然とまばたきをしているのですが、できれば3秒間に1回はまばたきをした方が良いと言われているため、もしそれよりもまばたきをしている回数が少ないと感じているのであれば、意識的にまばたきをするようにしてみましょう。

それだけで急に視力が回復するわけではありませんが、更なる視力低下を防ぐことができるでしょうから、結果的には視力が回復しやすい状態になると言えます。視力が低下している方は、目の使い方が間違っている可能性もあります。たとえば、一点だけを長時間見つめるという使い方です。一点だけを見つめると、筋肉がそのままの状態で固まってしまいますので、ピントが合わせづらくなってしまい、視力低下に繋がります。ですから、まばたきなどの目の使い方を見直してみましょう。