最新技術の視力回復方法は?

最新技術の視力回復方法は?

視力回復について、世界各国で研究が進められているため、次々と新しい視力回復方法が出てきています。新しい方が、今までの視力回復方法の問題点が改善されていることも多く、メリットがあるでしょう。

最新の視力回復方法としては、ICLという移植型眼内コンタクトレンズがあります。これは、眼の中にコンタクトレンズを直接埋め込むことにより、視力回復効果を得ることができるというものです。眼の中と言っても、角膜と虹彩という部分の間に入れることになり、手術をする時には当然麻酔をしますから、痛みもありません。今までは、強度の近視の方は、レーシックなどが受けられなかった場合もありましたが、ICLの場合は、そのような方でも視力回復効果が得られるというメリットがあるのです。残念ながら、日本ではまだICLを導入しているところは無いようですが、他国では治療が始まっているため、もうしばらくすれば、日本でも利用できるようになるのではないでしょうか。