器具を使用した視力回復方法とは?

器具を使用した視力回復方法とは?

自宅で器具を使用して、視力回復をするという方法もあります。どのような視力回復方法かというと、スーパービジョンという器具を使った方法もその一つです。

これは、ドイツの眼科大学院であるボルグ教授が開発したものであり、110分間、器具の中を覗き込み、流れる映像を見るだけで、視力が回復してくると言われています。その映像を見ることにより、目の筋肉である毛様筋という部分をほぐすことができますので、目のピントが合いやすくなり、視力回復に繋がるのです。目が疲れやすい方、視力回復はしたいけれどリスクは回避したい方に向いている方法でしょう。

スーパービジョンの場合は、子供でも使用することができます。子供の視力低下でお悩みの親御さんは、子供にレーシックを受けさせることができないため、悩んでいるのではないでしょうか。スーパービジョンは、望遠訓練、水晶体弾力訓練、調整筋訓練、目の健康体操といったように、4つの働きがあります。その上、自宅で使用することもできますので、手軽に視力回復をしたいとお考えの方は、一度お使いになってみてはいかがでしょうか。