視力回復に効果的な遠近法トレーニング

視力回復に効果的な遠近法トレーニング

視力回復トレーニング方法はいくつかありますが、その一つに遠近法トレーニングというものもあります。遠近法は、多くの方がご存知だと思いますが、近くを見たり、遠くを見たりすることが、視力回復には大切なことなのです。

人間は、同じものを長時間見ていると、目の筋肉が固まってしまいます。それにより、様々なものにピントを合わせることが難しくなり、視力低下が起こってしまうことがあるのです。ですから、目の筋肉をほぐすことが、視力回復にも繋がります。

遠近法トレーニングの方法ですが、まずは近くのものを見つめましょう。近くに何か目標となるものを置いても良いですし、人差し指を目の前に出して、それをじっと見つめるだけでも構いません。近くのものを5秒間見つめたら、今度は遠くにある目標物を10秒間見つめます。必ず、なにかしらの目標物を決めてください。そして、もう一度近くのものを見る、遠くを見るといったことを繰り返すのです。これを、毎日できるだけ多く行ってみましょう。簡単に、短時間でできる視力回復方法になります。