視力低下を招くVDT症候群について

視力低下を招くVDT症候群について

視力低下を招く病気はいくつかあると言われていますが、VDT症候群というものもあります。人は、テレビなどを長時間見続けると、目が疲れてしまいます。そのような経験をお持ちの方も多いでしょうが、テレビなどを長時間見ることにより、眼精疲労を引き起こす状態のことを、VDT症候群と言います。

テレビは、ただ目を酷使するだけですが、テレビよりもパソコンの方が、目に掛かる負担が大きいと言われています。パソコンを長時間使用すると、目が疲れるだけでなく、首や手、肩といった部分の筋肉も緊張してしまい、凝るようになるのです。このようなことから、VDT症候群により、視力低下やドライアイなどの様々な症状を引き起こすことになりますので、注意が必要だと言われているのです。

VDT症候群の対策法としては、パソコンを使用している間に、なるべくまばたきをするようにしたり、休憩をとるようにしたり、時々体を動かしたり、目薬を使用することも効果的です。このような予防をするだけでも、随分と症状を抑えることができますので、パソコンを使用する機会が多い方は、特に注意しましょう。