酸素透過性のハードコンタクトの特徴について

酸素透過性のハードコンタクトの特徴について

コンタクトレンズは、酸素を通さないものもあり、目には負担を掛けてしまうとも言われています。視力低下を防ぐためには、なるべく目に負担を掛けないコンタクトレンズを使用することが大切です。酸素透過性のハードコンタクトレンズも発売されていますので、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。その名前の通り、普通のコンタクトに比べて、酸素を通しやすくしたのが、このコンタクトレンズなのです。

酸素透過性のハードコンタクトレンズの特徴ですが、メリットとしては、普通のハードコンタクトレンズに比べて装着感が良く、目に掛かる負担が少ないということが言えます。一般的に、コンタクトレンズは長時間使用しない方が良いと言われていますが、このコンタクトの場合は、連続して使用することもできます。

反対にデメリットとしては、破損しやすい、汚れが付着しやすい、変形しやすいといったことが挙げられます。きちんとお手入れをしていなければ、汚れや変形に気付きにくく、結果的に目を傷つけてしまう可能性もあります。ですから、異常に気付いた時には、使用をするのは止めて、一度診てもらった方が良いでしょう。

また、一年ほどが寿命になりますので、あまり長い期間使用するのは止めましょう。正しいお手入れを行い、視力低下を防ぐようにしてみてください。