視力回復に必要なまばたきの力を鍛えるトレーニング方法

視力回復に必要なまばたきの力を鍛えるトレーニング方法

視力低下を防ぐためには、なるべく瞬きをして、目に潤いを与えることが大切だと言われています。しかし、目を酷使していると、どうしてもまばたきをする頻度が落ちてしまい、まぶたの筋力が落ちてしまうこともあるのです。ですから、まぶたの筋力を鍛えることが、視力回復や視力低下の予防にも繋がります。

トレーニング方法は非常に簡単で、あごを意識的に引いて、目がなるべく上を見ます。そのままの状態で、ゆっくりと10回まばたきをして、今後は顔を上に向け、目はなるべく下を見ます。そのままの状態で、ゆっくりと10回まばたきをしてみてください。

まぶたの筋力が落ちていると、まぶたがしっかりとくっつかないこともあるのです。目を閉じた時に、まぶたがくっつかないようであれば、筋力が衰えているという証ですので、このトレーニングを実践してみましょう。トレーニングを行っている間に、まばたきがうまくできるようになりますし、目に潤いを与えることにも繋がります。ドライアイでお悩みの方にもおすすめのトレーニング方法です。