目薬はなぜ防腐剤が入っていないものを選ぶの?

目薬はなぜ防腐剤が入っていないものを選ぶの?

みなさんは目薬を購入する際、なにが配合されているか確認しているでしょうか。市販されている目薬も多いため、適当に価格やパッケージなどを見て購入している方も多いと思いますが、視力低下を防ぐためには、目薬の選び方にも注意した方が良いでしょう。

目薬には、防腐剤が含まれているものもありますが、なるべく防腐剤が含まれていないものを選んだ方が良いと言われています。防腐剤は、雑菌の繁殖を予防するために含まれているため、必要なものとも言えます。しかし、目に負担を掛けてしまうことがあり、場合によっては目を傷つけてしまい、視力低下に繋がる可能性もあります。目薬を挿す頻度が少ない方であれば良いでしょうが、頻度が高い方は、それだけ目に負担を掛ける可能性がありますので、防腐剤が入っていない目薬を購入する、若しくは眼科で処方してもらうことをおすすめします。

また、普段はコンタクトを使用している方は、目薬に含まれている成分が、コンタクトレンズに付着してしまう可能性もあります。そうすると、目に対する負担も大きくなってしまうため、コンタクトレンズを使用している方も注意が必要です。

市販されていれば、手軽に購入することができますが、このような危険性を把握した上で選ぶようにしましょう。