眼精疲労の症状について

眼精疲労の症状について

眼精疲労というのは、視力低下にも繋がりますので、なるべく毎日目の疲労を解消することが大切だと言われています。自分では、目が疲れていると感じていなかったとしても、そのまま放置すると視力低下に繋がる場合もあります。そこで、眼精疲労の症状についてご紹介しましょう。

眼精疲労の症状としては、目が乾く、かゆみが生じる、目が重いと感じる、かすんで見えたりぼやけたりする、二重に見えることがある、光がまぶしいと感じるといったことが挙げられます。こういったことが長く続くと、目に関する症状だけでなく、肩こりや頭痛、腰痛といった症状まで引き起こすことがありますので、そうならないうちに、目の疲労を解消する必要があります。

最近では、目を酷使する仕事が増えており、ドライアイになる人も多いのです。ドライアイも視力低下の原因の一つですから、それを防ぐために、なるべく目に潤いを与える努力をすることが大切です。目が疲れるのは仕方が無いと思わずに、予防方法はありますので試してみてください。