近見視力不良の傾向を把握してみましょう

近見視力不良の傾向を把握してみましょう

最近、近見視力不良で悩む子供が増えていると言われていますが、自分のことではないため、たとえ親御さんであっても、子供の視力低下には、なかなか気づかないこともあるでしょう。しかし、そのまま放ってしまうと、どんどん視力が低下してしまう可能性がありますので、近見視力不良の場合には、どういった症状があるのかご紹介しましょう。それを把握しておけば、子供が近見視力不良になった時にも、気づきやすいでしょう。

近見視力不良の場合、本やノートなどを見る時に、無意識のうちに顔を近づけてみるという傾向があります。これは、近くのものが見えにくいという証拠でもあります。

また、集中力が低下することもありますし、目が痛そうにすることも増えてきます。目を酷使することにより、目が疲れやすくなりますし、乾きやすくなるため、ドライアイになる傾向もあります。もし、いつも目の乾燥などを気にしているのであれば、気を付けた方が良いでしょう。

すらすらと本を読むことができなかったり、キャッチボールをする時に、きちんとボールが取れないといった症状もあります。以前が出来ていたことができなくなったようであれば、近見視力不良である可能性があるでしょう。

こういった症状が現れれば、必ずしも近見視力不足だとは限りませんが、その可能性はありますので、覚えておいてください。