近見視力不足とは?

近見視力不足とは?

近見視力不良の子供は増えてきていると言われていますので、なるべく早く、それに気づいてあげることが大切です。

視力が低下すると、一般的には、近くは問題無く見えても、遠くが徐々にぼやけて見えなくなってくるということになるでしょう。しかし、近見視力不良の場合は、近くを見る時に、ぼやけて見えづらくなってしまう状態になるのです。

子供が近見視力不良になってしまった場合、自分自身では症状に気付きにくいことがあるでしょう。見えにくいことにより、目を細めたりして、なるべくピントを合わせようとしますが、それによって更に目が疲れてしまいます。通常よりも目を酷使することが増えるため、肩こりや頭痛といった症状を引き起こす可能性もあります。

こういったことから、徐々に集中力が低下してしまう可能性もあるため、勉強にも支障が出てくるかもしれません。もし、子供が近くを見る時にも、目を細めるなどの仕草をしているようであれば、近見視力不良の可能性を疑い、一度眼科を受診した方が良いですね。