視力低下と角膜ジストロフィーについて

視力低下と角膜ジストロフィーについて

視力が低下してしまう目の病気はいくつかありますが、その一つに、角膜ジストロフィーという目の病気があります。これは、遺伝によって起こることが多く、角膜が白く濁ってしまうという病気になります。角膜に対して、脂質やカルシウムが付着することにより、その部分が白く濁ってしまって、視力が悪くなってしまうのです。

角膜ジストロフィーになったからと言って、必ず視力が低下するわけではありませんが、角膜が白く濁っていることにより、どうしても視界が狭くなったり、物が見えにくくなったり・・・といった症状が現れることがありますし、まぶしいと感じる場合もあります。また、場合によっては目が痛くなることもあります。

角膜ジストロフィーになった場合は、点眼薬を使って治療をすることができるのですが、そのまま放置してしまうと、角膜移植をする必要が出てくることもあります。そうならないように、もし角膜に異常が見られるようでしたら、一度受診するようにしましょう。