子供の視力低下を防ぐ方法

子供の視力低下を防ぐ方法

現代は、近視の子供が増えていると言われていますが、子供の視力低下を防ぐ方法もあります。たとえば、なるべく外で遊ばせるようにするということです。

昔は、外で遊ぶ子供が多かったのですが、今は家の中で友達とゲームをやることも増えました。もちろん、それが子供同士の遊びなのであれば良いでしょうが、ゲームばかりしていると、どうしても目が疲れてしまい、視力低下の原因となります。できれば遊び方を工夫して、外でサッカーや野球などのスポーツを楽しむようにすると良いでしょう。ボールに集中することになりますし、遠くを見ることも増えますよね。そうすると、動体視力が発達し、視力低下を防ぐことに繋がります。

視力低下を防ぐためには、遠くを見ることが効果的だと言われています。ですから、頻繁に景色の良いところに出かけて、そういった景色を眺める時間を作ることも大切です。家庭で工夫をすることによって、子供の視力低下は防げますので、もしサッカーや野球といったスポーツに興味があるのであれば、視力低下を防ぐためにも、習わせてみてはいかがでしょうか。