視力低下と紫外線対策

視力低下と紫外線対策

外に出ると、必ず紫外線を浴びることになります。紫外線は、お肌の大敵でもありますので、女性の方は、日焼け止めクリームなどを使用して、紫外線対策をすることでしょう。紫外線は、お肌だけでなく、目にも悪影響を及ぼすことがありますので、きちんと対策をすることが、視力低下を防ぐことにも繋がります。

紫外線を浴びると、角膜が損傷してしまうことがあります。もちろん、そう簡単に角膜が傷つくということはありませんが、目がヒリヒリと痛むようなことがあれば、紫外線による影響を受けていると考えられるでしょう。長時間、目が紫外線を浴びることにより、白内障などの目の病気を引き起こすこともあります。

こういったことを防ぐためにはどうすれば良いかというと、外に出る時には、サングラスをかけるという方法がおすすめです。しかし、サングラスをかけるのに抵抗を感じる方もいるでしょう。夏場であれば良いかもしれませんが、冬にサングラスをかけるのは恥ずかしいですよね。冬の紫外線は、夏に比べれば少ないですから、そこまで紫外線対策をする必要はありませんが、できるのであれば、帽子をかぶったりして、目への負担を軽減するようにしましょう。

最近は、眼鏡やコンタクトの中にも、紫外線をカットする効果のあるものがあります。そういったものを利用して視力矯正をすれば、紫外線による更なる視力低下を防ぐことに繋がりますから、検討してみてください。