片目だけ視力低下することはあるのでしょうか?

片目だけ視力低下することはあるのでしょうか?

一般的には、両目が視力低下するものですが、人によっては、片目だけ視力低下することもあります。目というのは、両方使っているにも関わらず、なぜ片目だけ視力が低下するのかというと、病気が原因のこともあれば、目の使い方が悪い場合もあります。

たとえば、内斜視の場合に、片目だけ視力が低下する場合があるのですが、斜視であることによって、通常の目の方ばかり酷使してしまい、斜視の目の方は、あまり使わなくなるために、視力が低下することがあるのです。

また、子供の間に片目だけ使わないようにする見方をしていると、当然片方の目は弱視になってしまい、視力に大きな違いが出ます。子供は、片目だけ弱視になってしまうことが多く、テレビゲームをする時、テレビを見る時に、角度によっては、片方の目ばかり使うことがあるのです。親から見た時に、どういった目の使い方をしているのかといった判断をするのは難しいでしょうから、気づいた時には視力が低下していることがあります。

このように、様々な原因によって、片目だけ視力が低下する場合もありますが、たとえばレーシックの場合、片目だけ手術を受けることもできますし、視力回復のトレーニングも、片目だけできるものもあります。ですから、片目だけ視力が低下したとしても、諦めずに視力回復にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。