子供の視力低下の症状について

子供の視力低下の症状について

自分の視力が低下した場合は気づきやすいでしょうが、子供の視力が低下しているかどうかは気づきにくいでしょう。わずかな視力低下の場合、お子さん自身も、視力が低下していることに気付かないことがあります。しかし、視力が低下しているサインは何かしらあるでしょうから、早めに気づいてあげることが大切です。

たとえば、物を見る時に、自然と目を細めていたり、転ぶことが多かったりすると、視力が低下している可能性があります。これは、大人も同じですよね。テレビを近くで見るようになったり、頭が痛い、目が痛いといった症状を訴えるといったことも、視力低下の症状の一つになります。

学校では、視力検査が行われていますので、それで安心してしまう親御さんも多いでしょうが、急に視力が低下する場合もあります。なるべくメガネやコンタクトを使わずに済む様に、こういった症状が現れていないか、チェックするようにしましょう。