仮性近視について

仮性近視について

近視に悩まされている方は多いでしょうが、中には、仮性近視という状態の可能性もあります。仮性近視というのは、子供に多く見受けられるものであり、一時的に、目の調節がうまくできずに、近視の状態になってしまうことを言いますので、完全に近視という状態ではなく、なんらかの原因によって、近視の状態になっていると言えます。

目というのは、筋肉が収縮することによって、目のピントを調節しています。しかし、目の筋肉が収縮しすぎてしまい、ピントが合わなくなってしまうことを、仮性近視と言うのです。仮性近視だからと言って安心できるわけではありません。目の筋肉が緊張した状態が長く続くと、そのまま近視になってしまう可能性もあり、実際にそういった方は多く見受けられます。だからこそ、仮性近視であることに早めに気づき、対処することが大切です。

仮性近視が疑われたら、一度眼科を受診するようにしましょう。そうすれば、きちんと検査をしてくれますので、仮性近視かどうか、どういった治療を行えば良いのかといった事が明確になるでしょう。