子供の視力低下を防ぐには?

子供の視力低下を防ぐには?

大人だけでなく、子供も視力が低下してしまうことがあるため、注意しなければならないと言われています。子供は、目が悪くなると言われても、ついついテレビを近くで見てしまったり、長時間ゲームをしてしまうこともあります。そういった生活を続けていると、視力が低下してしまうことになりますので、視力低下を防ぐには、テレビとの距離をなるべく離すこと、長時間ゲームをしたりテレビを見たりするのを止めることなどが大切です。

人間は、集中している時に、まばたきの回数が少なってしまいます。まばたきをすることによって、目に必要な酸素や栄養を補うことができますので、まばたきをしないことは、目の負担に繋がりますし、涙の出にくくなってしまうため、目も乾燥しやすくなります。また、長時間に渡って、目を一定の場所にしか動かさないということも、目の衰えに繋がりますので、時間を決めて、なるべく短時間で終えるようにすることが大切です。

子供がゲーム好きだという場合、それを止めさせるのが辛いと思うかもしれませんが、小さいうちに目を酷使することで、視力が低下してしまい、眼鏡やコンタクトを付けなくてはならなくなった場合というのは、非常に辛いものです。だからこそ、きちんと親御さんが注意をして、なるべく視力が低下しないようにすることが必要となります。