視力回復方法であるコルネアプラスティーについて

視力回復方法であるコルネアプラスティーについて

視力回復方法は多々ありますが、その一つに、コルネアプラスティーといった方法があります。視力回復方法であるレーシックは、アメリカでは、日本よりも多くの方が受けていますので、それだけ日本との差があるということになりますが、そんなアメリカで開発されている視力回復方法が、コルネアプラスティーなのです。

コルネアプラスティーは、角膜矯正を行った後に、酸素をプラスすることにより、視力を回復するといった方法になります。一時的に角膜を矯正する、オルケソラトロジーのような方法もありますが、そういった方法を実践した後に、特別な酸素を与えることにより、屈折率を矯正した状態で、半永久的にその効果を保つことができるという方法なのです。

手術をする必要はありませんので、レーシックに比べて、リスクも少ないという特徴があります。日本では、残念ながら、コルネアプラスティーを実践しているところはありませんが、レーシックのように、新しい視力回復方法として、日本でも広がることでしょう。