指を使った視力回復トレーニング方法

指を使った視力回復トレーニング方法

指を使って、視力回復ができる方法もありますので、ご紹介しましょう。用意するものは、指だけで構いません。つまり、お金も掛けずに視力回復することができます。

まず、マジックで親指の爪にランドルド環を書きます。その指を見つめながら、両目で近づけたり、遠ざけたりします。指を動かす時には、腹式呼吸をするようにして、なるべくゆっくりと指を動かすようにします。指を動かしている時には、指から目を離さないようにしましょう。

近づける時よりも、遠ざける時の方が、スピーディーに行った方が効果は高くなります。1回につき3分間繰り返し、それを13回実践するというトレーニング方法になります。短時間でできますので、毎日続けてみてください。