近視の視力回復方法である通電治療について

近視の視力回復方法である通電治療について

世の中には、数多くの視力回復方法があると言われていますが、視力回復方法の一つに、通電治療というものがあります。通電治療というのは、眼科で行われている視力回復方法であり、近視を矯正するための治療法です。眼科では、視力回復方法を取り入れているところは、あまりありませんので、残念ながら、通電治療は、どこの眼科でも行えるというわけではありません。もしかすると、身近な眼科では対応していないかもしれませんが、医療機関での視力回復方法になりますので、効果は期待できるのではないでしょうか。

仮性近視の場合であれば、通電治療を行うことで、視力は回復しやすいと言われています。どの程度視力が回復するかというのは、人によって差がありますので、一概には言えませんが、あらかじめ医師に詳しい説明を受けると良いでしょう。レーシックのように、自分が納得できた上で治療に臨むことが大切です。

そもそも、通電治療というのは、どういった視力回復方法なのかというと、目の周囲に対して、弱い電流を流すことにより、近視が治るものだと言われています。近視というのは、目の毛様体筋という部分が、なんらかの影響によって、硬くなってしまい、ピントが合わせにくくなっているのです。毛様体筋というのは、ピントを合わせるために重要な部分であり、毛様体筋がゆるんだり、緊張したりすることにより、遠くや近くを見ることが出来ています。近視というのは、毛様体筋が固まってしまった状態になりますので、遠くを見る時も緩みにくく、ピントが合わずに、ぼやけてしまうということになります。だからこそ、通電治療が効果的なのです。目の血行促進効果もあるようですから、近視の方は、通電治療を検討してみるのも良いと思います。