視力回復を行うことが多いスポーツ選手について

視力回復を行うことが多いスポーツ選手について

スポーツ選手は、視力回復手術を受けることが多いと言われているようですが、なぜでしょうか。

世の中には、数多くのスポーツが存在していますが、どのスポーツにも、目は欠かせないものですよね。サッカー、野球、テニスなどは、集中してボールを見なければなりませんし、サーフィンの場合は、波の状態を眼で確認しなくてはなりません。しかし、視力が低下しており、コンタクトなどを使用していると、どうしても目が乾いてしまう、コンタクトがずれてしまうといった事が起こる可能性があります。そうすると、スポーツ選手にとって、重大なミスに繋がることもあるでしょう。だからこそ、裸眼でスポーツできるようにするためにも、視力回復手術を受ける方が多いのです。

スポーツ選手の場合は、一年を通して、そのスポーツを行うことになるでしょうが、レーシックのような視力回復手術の場合は、一定期間制限されることもあります。ですから、シーズンオフなどに受けることが多いようですが、いずれにしても、一度手術を受けるだけで視力が回復するのであれば、メリットは大きいと言えるでしょう。

もちろん、レーシック以外の視力回復方法でも良いと思いますので、スポーツをされている方で、コンタクトでは不便に感じることがあるのであれば、視力回復を検討してみてはいかがでしょうか。