視力回復方法である交差法とは?

視力回復方法である交差法とは?

視力回復トレーニングの一つに、交差法というものがあります。これは、特に老眼、遠視で悩んでいる方に効果的だと言われていますので、気になる方は試してみると良いと思います。

交差法では、交差法用の画像を用意して、それを遠くに並べて置きます。右目用と左目用が決まっていますが、これには訳があります。右目用の画像については、左目で見るようにするのです。そして、左目用の画像については、右目で見るようにします。これを立体視するのですが、右目と左目で、交差をするように画像を見るという方法になります。

想像すると、難しいのではないかと思われるかもしれませんが、寄り目をするのと同じような感覚です。慣れてくれば簡単に出来ますので、寄り目をしたことが無いという方や寄り目が出来ないという方も、練習をしてみてください。

交差法のやり方ですが、最初に寄り目の状態を作って、徐々に遠くを見るようにし、立体視の状態で画像を見ていきます。但し、途中で元の状態に戻ってしまうと意味がありませんので、最初からやり直しとなってしまいます。最初はある程度時間が掛かるかもしれませんので、それを踏まえた上で実践してみましょう。