視力回復効果のある遠近法トレーニング

視力回復効果のある遠近法トレーニング

遠近法をご存知の方も多いでしょうが、視力回復をするために、遠近法を利用したトレーニングもあります。人間というのは、遠くを見る時と近くを見る時では、眼の使い方が異なりますが、眼の毛様体筋という部分が、遠近の調整を行っているのです。視力低下で悩んでいる方は、毛様体筋が固まっている事が多いのですが、遠近法を実践することにより、この筋肉をほぐすことができます。

遠近法トレーニングとしては、遠くと近くを順番に見るという方法があります。たとえば、眼の前に指を立てて、その指を見てから、遠くの目印となる物を見るといったように、何かポイントを決めておくと良いでしょう。これを繰り返すことが大切です。

こういったトレーニングを毎日行うと、徐々に視力回復効果が実感できる可能性がありますし、視力回復効果が実感できなかったとしても、眼精疲労の回復効果などは現れるのではないでしょうか。手軽に出来るトレーニングですから、実践してみてください。