レーシック手術後の水泳について

レーシック手術後の水泳について

普段、水泳をされている方も多いと思います。それが仕事だという方も居るでしょうし、水泳以外にも、水に関するお仕事をされている方も居るでしょう。そういった方は特に、視力が低下してしまうと困ることも多いのではないかと思います。

コンタクトレンズを装着したままでは、水に入った状態の時にずれてしまう可能性もありますし、目の中に水が入ってしまい、万が一コンタクトが外れてしまうと、それこそ困るのではないでしょうか。そういったことを考えるとレーシックを検討する方が多いのは納得出来ますが、レーシック手術後に、どのくらい経てば水泳などを行うことが出来るのでしょうか。

趣味で楽しむ程度の水泳であれば、手術を行ってから1ヶ月ほどで再開することが出来ると言われています。水泳と言っても、海ではなく、あくまで屋内での水泳という事になります。屋外の場合は、3ヶ月ほど経過しなければできませんので、その間は我慢しなければなりません。たとえば、サーフィンなどのマリンスポーツをされている方は、3ヶ月というと長い期間になるでしょうし、そういった仕事をされている方にとっては、大変な事だと思います。ですから、なるべくシーズンではない時に受けるようにすると良いと思います。あらかじめ休みが取れることを確認した上で、手術を受けることをおすすめします。

こういった期間は、あくまで目安ということになりますので、クリニックで確認した方が確実です。そういった事も含めて、レーシックを検討してみてください。