レーシック手術後のカラーコンタクトレンズ装着について

レーシック手術後のカラーコンタクトレンズ装着について

普段、おしゃれのためにカラーコンタクトレンズを使用している方も多いと思いますが、そういった方の中には、レーシックを検討している方も居るでしょう。レーシックを受けることによって、裸眼で生活出来るようになりますので、レーシックを受けた後はコンタクトレンズを使用する必要はありませんが、それでもカラーコンタクトレンズを装着したいと思う方も居るようです。もちろん、おしゃれのためと考えているわけですから、毎日コンタクトレンズを装着するわけではないでしょうが、カラーコンタクトレンズは、瞳を大きく見せる事が出来るものもありますし、瞳の色を変えることが出来ます。そういったメリットがある事から、カラーコンタクトレンズは人気が高いようですが、レーシックを受けた後、視力や角膜の状態が安定すれば、使用することは出来ます。

では、どのくらいの時間が経てば安定するのかというと、大体は手術を行ってから、1ヶ月だと言われていますので、それまでは装着しない方が良いでしょう。また、自分で勝手に判断するのではなく、必ず医師に装着しても良いかどうか確認した上で、必ず指示を守るようにしてください。角膜の状態と言うのは、人によっても異なりますので、安定するまでに時間が掛かる方も居るのです。目は大切な部分だからこそ、面倒であっても、少しの間我慢して、トラブルを防ぐように努めましょう。