視力回復方法であるPRKについて

視力回復方法であるPRKについて

一般的にレーシックというのは、フラップというものを作成して屈折率を変化させ、視力回復を可能にした方法になりますが、フラップを作らずに角膜の屈折率の矯正を行う方法として、PRKという方法があります。

角膜というのは、5層から成り立っており、レーシックの種類によって、どの層の部分を切除するのかが異なります。PRKの場合には、レーザーを使用して、角膜の厚さを調整することが出来ますので、一般的なレーシックとは大きく異なるのです。

また、PRKにもいくつかの種類があり、角膜上皮はそのままの状態でレーザーを照射し、屈折率を変化させる方法と、角膜上皮を切除後にレーザーを照射するという方法があります。

レーザーを照射した後は、レーシックと同様に、角膜がデリケートな状態になっていますので、保護用のコンタクトを使用して、角膜上皮が再生されるまでの間過ごすことになります。早ければ、3日ほどで再生されるでしょうし、遅くても1週間ほどで再生される事が多いようですので、そこまで長い期間耐えなければならないわけではありません。

フラップを作成しないことによって、強度もアップしますし、視界もはっきりとするという大きなメリットがある視力回復方法です。