イントラレーシックについて

イントラレーシックについて

イントラレーシックというのは、フラップを作成する際に、電動メスではなく、イントラレーザーを使用するという特徴があります。レーザーを使用することにより、精度が高まり、視力回復効果も高いというメリットがあります。

ケラトームレーシックの場合、角膜を切除する際に、断面が斜めになるのですが、イントラレーシックというのは、垂直に切除することが出来ます。そうすることで、フラップを戻した時にずれてしまう可能性も少なく、トラブルが起こる可能性も低いのです。レーシック手術というのは、医師の腕も大切ですが、ケラトームレーシックに比べると、イントラレーシックの方が医師の腕が多少悪かったとしても、トラブルが起きにくいと言えるでしょう。

イントラレーシックは、比較的新しいレーシック方法になりますので、大丈夫なのかという不安もあると思います。しかし、最近は実績も増えてきていますので、なるべく実績豊富なクリニックを利用するようにしましょう。