ケラトームレーシックについて

ケラトームレーシックについて

レーシックにはいくつかの種類がありますが、その一つにケラトームレーシックという方法があります。これはレーシックの中でも基本的なものであり、電動メスを使用することにより、角膜の表面を削ってフラップを作成するという方法になります。

最近では、ケラトームレーシックよりも精度が高い種類のものも出てきているため、ケラトームレーシックを選択する方は少なくなってきていると言えます。電動メスを使用して角膜を切除するのですが、フラップをめくってレーザーをあてた後、フラップを元に戻した時に、多少のずれが生じる可能性があるのです。もちろん、それで問題が無いことも多々ありますが、場合によっては、その後でフラップにしわが寄ってしまい、再び手術を行わなくてはならない可能性があるのです。

ケラトームレーシックにもいくつか種類があり、最近のものでしたら精度も高まってきていますが、出来れば電動メスを使用しないタイプのレーシックの方が良いかと思います。