老眼について

老眼について

老眼というのは、どういった事が原因で起こるものなのでしょうか。眼には水晶体という部分がありますが、この部分は、年齢を重ねるに従って衰えてしまいます。水晶体があることによって、ピントが合い、物をはっきりと見ることが出来るのですが、水晶体の弾力性が失われることにより、ピントが徐々に合わなくなってしまいます。この状態が老眼という事になりますが、老眼の場合、遠くを見ることより、近くを見ることの方が難しくなってくるのです。老眼の方は、近くのものを見る時に老眼鏡などを使用することが多いでしょう。

老眼が始まる年齢というのは40歳ぐらいからだと言われていますが、30代から老眼になることもあります。もちろん、徐々に進行するものですから、すぐに物が全然見えなくなってしまうわけではありません。最初は老眼鏡が必要ない程度だと思いますが、50代になれば、老眼鏡を使用する方も増えることでしょう。老眼は、老眼鏡を使用する以外にも矯正する方法として、老眼治療というものがあります。手術によって視力回復することになりますが、その治療をすることによって、裸眼で近くのものを見ることが出来るようになります。