レーシックとドライアイについて

レーシックとドライアイについて

レーシックは、安全性が気になる方も多いと思いますが、合併症が起こる可能性もありますので、そういった危険性を知った上でレーシック手術を受けた方が良いでしょう。

レーシックの合併症にはどういったものかあるかというと、まずは、ドライアイになってしまうという可能性があります。ドライアイというのは、非常に目が乾燥してしまうという症状ですが、ずっと症状が続くわけではなく、一時的なものになります。

大体の場合は、3か月から半年ほどで症状が改善されると言われていますので、そこまで心配する必要はありませんし、ドライアイの症状が現れた場合は、点眼薬を処方してもらうことも出来ますので、そういったもので症状を緩和させる事が出来ます。

なぜドライアイになってしまうのかというと、フラップを作成する際に、角膜付近の神経を切断するのが原因です。誰でもドライアイになるとは限りませんが、手術前にドライアイだったという場合は、レーシックを受けた後もドライアイが続く事になるでしょう。改善策はありますので、事前に医師に相談すると良いでしょう。