イントラレーシックについて

イントラレーシックについて

レーシック手術には、いくつかの種類がありますが、今回はイントラレーシックについてご紹介しましょう。イントラレーシックというのは、フラップの作成方法に特徴があり、フラップを作成する際に、レーザーを使用しているのです。一般的なレーシックの場合は、マイクロケラトームという金属刃を使用しますが、イントラレーシックの場合は、コンピュータ制御されたレーザーを使用することにより、更に視力の回復力を高めることが出来ます。

角膜に対して、垂直にレーザーを照射し、その人に合ったフラップの大きさ、厚みを作り出すことが出来ます。一般的なレーシックの場合、角膜が薄いと手術が受けられない事もありましたが、イントラレーシックの場合は、角膜が薄い方でも対応できるのです。また、正確性も高いため、手術をした後に、フラップがズレてしまうといった可能性も低くなります。こういった多くのメリットがあるからこそ、レーシック手術の中でも人気がある方法となっています。