レーシック手術の流れ

レーシック手術の流れ

レーシック手術を初めて受ける方は、手術の流れも気になると思います。レーシック手術は、10分ほどで終わりますのであっという間だと感じる方が多いようですが、どういった流れになるのか、ご紹介しましょう。

まず最初に、目の消毒を行います。これは、感染症を防ぐためでもあります。消毒をした後に、点眼にて麻酔を行い、数分間そのまま過ごします。手術室に行ったら、まぶたを固定して、まばたきが出来ない状態になります。麻酔が効いていても、視界ははっきりと見えていますので、手術の様子は見えます。

目も固定され、角膜の表面をメスで切り取り、フラップというものを作成します。続いて、フラップをめくって、レーザーを照射し、フラップを元の位置に戻します。何もしなくても、自然とフラップは目にくっつきますので、後は時間を置くだけです。最後に、目の消毒を行い、手術は終わりになります。

麻酔がまだ効いた状態になりますので、30分ほどは安静にする必要があります。その後で視力が回復しているかどうかなどの確認を行い、問題が無ければ終わりになります。手術が終わると、保護メガネと言うものを使用して、目にほこりなどが入らない様にしますので、そのままの状態で帰宅するようにしましょう。

こういった流れになりますので、手術と言っても、非常に簡単に終わるものなのです。興味のある方は、レーシック手術を検討してみてはいかがでしょうか。