レーシックを受ける季節に注意しましょう

レーシックを受ける季節に注意しましょう

レーシックは、季節にも関係しており、意外と知られていませんが、花粉症の季節には、レーシック手術をするのは避けた方が良いと言われています。なんとなく想像がつくかと思いますが、花粉症で悩まされている方は特に、涙が出たり、目がかゆくなったりするでしょうから、目を擦りたくなるでしょう。レーシック手術を受けた後は、目がデリケートな状態になっていますので、目を触らない様にしなくてはなりません。花粉症の方にとって、目を擦らないというのは辛いと思いますので、春はレーシック手術を避けることをおすすめします。

花粉症の方で無ければ、春でもレーシックを受けて良いかというと、そうとも言えません。花粉によって感染症も起こりやすくなりますので、注意した方が良い季節だと言われています。絶対に受けてはいけないというわけではありませんので、どうしてもすぐにレーシックを受けたいという方は、そういった注意点を守った上で、利用してみてください。

また、夏場もレーシックは避けた方が良いかもしれません。汗をよくかく仕事をされている方は、レーシックを受けた後に汗が目に入ってしまう可能性があります。汗を拭くために目をぬぐってしまうと、フラップがずれるという可能性もありますので、注意しなくてはなりません。こういった事を考えた上で、レーシックを受ける季節にも気を付けてみましょう。