レーシック手術のデメリットについて

レーシック手術のデメリットについて

レーシック手術には、短時間で視力を回復することが出来るという、大きなメリットがありますが、反対にデメリットもあります。レーシック手術をすることによって、失明してしまうとも言われていますが、失明をしてしまった例は無いようです。しかし、信頼のおけない医師が手術をすると、トラブルが起こる可能性があり、視力が回復するどころか、視力が低下してしまう可能性もあるのです。だからこそ、レーシック手術は、安いというだけで選ぶのではなく、実績が豊富で信頼のおける医師に手術を行ってもらうようにしましょう。

また、レーシックを受けた後に、ドライアイになってしまう事もあります。コンタクトレンズなどを使用することにより、ドライアイになることもありますが、反対にレーシックを受けた事でドライアイになる可能性があるという事を把握しておきましょう。時間が経てばドライアイも改善されると思いますが、最初はこういった症状が現れる可能性もあります。

レーシックを受けた後は、視力が回復しても、時間が経つと、視力がもとに戻ってしまう事もあります。最近では、保証を設けているところもありますので、万が一視力が低下したとしても、再び無料でレーシックを受ける事が出来る場合もあります。出来れば、そういった保証があるところで手術を受けた方が良いでしょう。

少なからず、こういったデメリットがあるということを把握した上で、レーシックを検討してみてください。