大澤式視力回復法について

大澤式視力回復法について

手軽に自宅で出来る視力回復方法として、大澤式視力回復法というものがあります。これは、視力表を見るだけで視力回復効果が得られるというものですが、いくつかポイントがあります。

まず、視力表を3メートル離れた場所に貼り、視力検査をする時と同様に、ランドルト環を読んでください。片方の目を隠した状態で、目は閉じずに行います。最初に0.1のところから読んでいき、次に0.2・・・といったように、順番に上がっていきましょう。但し、一段目は右から左に読み、次は左から右に読むといった事がポイントです。

視力が低下している方は、徐々に読みにくくなってくると思いますが、目は細めないで、出来るだけそのままの状態で見る様にします。但し、目は力を入れてしまうと緊張状態になって、より見えにくくなってしまいますので、リラックスした状態で行うことが大切です。

読めないところまで来たら、もう一度0.1から読んでいくというトレーニングになりますが、これを両目5分間ずつ行い、それが終わったら今度は両目で5分間、つまり一回につき10分間行います。これを1日に2セット行うという方法になりますので、時間が無い方でも手軽に実践できるでしょう。

この方法は、立ったまま行うのではなく、体をゆっくりと揺らしながら実践してみてください。いくつかのポイントがありますので、なかなか最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると手軽に出来る方法ですから、検討してみてはいかがでしょうか。視力表については、インターネットサイトなどからダウンロードすることが出来ます。