心因性視力障害について

心因性視力障害について

視力低下の原因は多々ありますが、その一つに、心因性視力障害というものがあります。一般的に、視力の低下というのは、目の屈折率の問題であることが多いのですが、心因性視力障害の場合は、屈折率などは関係なく、目には異常がないにも関わらず、視力が低下してしまうという状態になります。視力低下で悩んでいる方は、目の検査をすることもあるでしょうが、視神経、網膜といった部分を調べたとしても、異常がないと判断された場合は、心因性視力障害である可能性があります。

心因性視力障害というのは、大人に起こるよりも、子供に起こることが多いのです。小学生、中学生に多いと言われていますし、男の子に比べて、女の子の方がなりやすいとも言われています。

心因性視力障害というのは、心身面が問題で起こっているものであり、心身的な事が目に影響を与えているという事になります。つまり、ストレスに感じている事が解消されれば、短期間で視力は回復することが出来ますので、まずは原因を突き止めることが大切です。もし原因がなくならない場合には、長期間に渡って治療を行わなくてはならないこともありますので、そうならないように、場合によっては精神科を受診した方が良いでしょう。

こういったことが原因で、子供も視力低下で悩まされることが多いため、親御さんが気づいてあげる必要があると言えます。