レーシック手術後の視力低下について

レーシック手術後の視力低下について

レーシック手術を受けた後、視力検査を行いますが、その時には、多くの方が1.5ほどの視力になっているようです。1.5程度の視力が得られれば、日常生活を送るにも支障が無いでしょう。しかし、その後で、多少は視力が低下してしまうと言われているのです。

レーシックの手術を行った直後というのは、まだ視力が安定していません。そういった状態では、視力が1.5程度であっても、時間が経つにつれて、視力が安定すると、視力が低下すると言われています。術後に1.5だった場合には、1.2ほどで安定すると思いますので、視力が低下すると言っても、全く支障が無いことと思います。

では、どの程度で視力が安定するのかというと、レーシックを受けてから、1週間程度で安定するでしょう。その時に、あらためて検査をすると思いますので、その時の視力で安定すると考えて良いと思います。大幅に視力が低下してしまうという事は無いと思いますが、万が一そういった事があった場合は、再手術をしてもらえるでしょうから、安心して良いと思います。

しかし、レーシックを受けた後に、日常生活の過ごし方によっては、更に視力が低下してしまうこともあります。視力が安定していない間は、極力目を使わない様にしたいものです。視力が低下しないように、医師からも詳しい説明があると思いますが、そういった事は必ず守るようにしましょう。それが、視力低下の防止にも繋がります。