レーシック手術後の傷痕について

レーシック手術後の傷痕について

レーシック手術というのは、角膜を切除することになるため、手術が終わった後は、傷痕が残ってしまうのではないかと不安になる方もいらっしゃるでしょう。確かに、大切な目だからこそ、そういった傷痕はなるべく残したくないものですよね。周囲の人が見た時に、傷痕が分かってしまうのは避けたいと思います。

結果から言うと、レーシック手術によって傷痕が全く残らないというわけではありませんが、肉眼で確認するのは難しいほどの、小さな傷になります。たとえ、目に近づいて見たとしても、普通の方は全く分かりません。

しいて言うのであれば、眼科医が専用の機械などで角膜を確認した時に、レーシックを受けた事が判別できる程度ですから、心配は要らないでしょう。自分で見たとしても、全く分からないと思います。

また、どうしても傷痕を残したくないのであれば、通常よりも角膜を薄く切除して、時間が経てば角膜が再生され、全く傷痕が残らなくなるという方法もありますので、そういった方法を検討してみるのも良いでしょう。但し、この場合には、角膜が再生される時に痛みを感じることがありますので、そういった点についても把握した上で受けることをおすすめします。