レーシック手術後の感染症対策

レーシック手術後の感染症対策

レーシックを受けた後、感染症を引き起こす可能性もありますので、日常生活にも気を付けなくてはなりません。どういった事に気を付ければ、感染症を防ぐことが出来るのかというと、まずは病院から処方される点眼薬などをきちんと使用するという事です。

点眼薬は、感染症予防のために必ず処方されるでしょう。面倒だから、レーシックを受けて視力が回復しているからと言って、点眼薬を使用せずにいると、感染症を引き起こす可能性があります。

また、目にトラブルを引き起こす可能性もありますので、女性の方は、目周辺のメイクは控える必要があります。もちろん、洗顔やお風呂なども控えなければなりません。お風呂については、手術を行ってから、1週間ほどで入れるようになりますが、手術翌日からは、シャワーでしたら可能です。洗顔をする際も、目に水が入らない様にするといった事に気を付けましょう。

日常生活で当たり前にやっている事を、やらないようにするというのは難しい事だとは思いますが、感染症予防のためだと思い、気を付けて生活してみてください。