レーシックが受けられる年齢について

レーシックが受けられる年齢について

レーシックというのは、年齢関係なく受けられるわけではありません。視力が低下すれば、いくつであってもレーシックを受けたいと思うと思いますが、残念ながら、20歳未満の方、60歳以上の方はレーシックを受けることが出来ない場合が多いのです。

なぜ、20歳未満はレーシックが受けられないのかというと、若い時には、視力が安定していないと言われているからです。たとえレーシックを受けたとしても、その後で再び視力が低下する可能性がありますので、レーシックを受けた意味がなくなってしまうかもしれません。そうすると、再手術をしなければならなくなってしまいますので、そういった事を考えると、若い時にはレーシックを受けられたとしても、視力が安定してからにした方が良いでしょう。

クリニックによっては、18歳以上から出来るところもありますが、その時には、親の同意が必要になります。親も同意しているのであれば、18歳になって受けることは可能です。

また、60歳以上になると、角膜が薄くなっていたり、手術が受けられない状態にあったりすることが多いと言われているため、基本的には手術が断られるようです。しかし、念のため検査を受けてみると、場合によっては手術が可能な事もありますので、必ずしも受けられないというわけではありません。