レーシックと白内障の関係性

レーシックと白内障の関係性

レーシックの情報は多々出回っていますので、そういった情報を参考にして、レーシックを受けるか否か検討される方も多いと思います。しかし、そういった情報の中には、誤ったものもありますので、慎重に検討しなくてはなりません。全ての情報を信じすぎてしまっては、最終的にレーシックが良いのか悪いのか、分からなくなってしまう事もあると思います。

たとえば、レーシックを受けると、白内障になりやすいと言う情報もあるようですが、これは誤った情報です。レーシックを受けたことによって、白内障になりやすくなることは無いのです。

そもそも、なぜ白内障になるのかというと、加齢によって起こることもありますし、紫外線が影響するとも言われています。レーシックは目に対する手術になりますが、白内障の手術をする部分とは全く関係ありませんので、影響を及ぼすという事は無いのです。

白内障というと、珍しい病気のように思えるかもしれませんが、実はそれほど珍しい病気ではありません。手術によって完治することが多いですから、さほど問題視されていないだけで、白内障に罹る可能性は低いわけではありません。ですから、レーシックを受けた後に、たまたま白内障に罹った場合、レーシックを受けたからのように思えるかもしれませんが、それは勘違いなのです。

なかなか、目に関する事は難しいかと思いますが、レーシックは比較的安全性の高い手術ですから、白内障の心配はせずに、受けてみてはいかがでしょうか。万が一、レーシックを受けた後で白内障に罹った場合でも、手術をすることは可能ですから、心配する必要は無いと思います。