レーシックとアレルギー性結膜炎について

レーシックとアレルギー性結膜炎について

アレルギー性結膜炎にかかっている方もいると思います。そういった方でも、レーシックを受けたいと思うことがあると思います。検査次第ということにはなりますが、アレルギー性結膜炎の方でも、レーシックを受けられると診断されることはあります。確かに、アレルギーのある方は、重度の場合に断られることもあります。しかし、アレルギーが軽度な場合、レーシックを受けた後のトラブルが発生しないのではないかと考えられた場合には、手術が受けられるという事になるでしょう。

アレルギー性結膜炎と言っても、何か原因で起こっている方は、人によっても異なります。たとえば、花粉症で結膜炎になることもありますし、コンタクトが原因の事もあります。花粉症が原因の場合は、花粉症の季節を外して手術を行えば、症状が緩和されるでしょうから、手術が出来る可能性がありますし、コンタクトの場合は、コンタクトを控えて、眼鏡で生活するようにすると、症状が緩和される可能性があります。そういった状態で検査を受け、レーシックが可能だと診断されることは多いですから、諦める必要はありません。

結膜炎だから無理だと思い込んでいる方も多いようですが、一度検査を受けたり、医師の話を聞いたりすることで分かることも多々ありますので、一度クリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。