レーシックは海外と日本どちらで受けた方が良い?

レーシックは海外と日本どちらで受けた方が良い?

レーシック手術は、最近日本でも人気が高まってきましたが、アメリカの方が、日本よりも前からレーシック手術を行っており、実績も豊富です。ですから、海外に良く行くという方は、海外でレーシックを受けたいと思う方もいることでしょう。

確かに、レーシックは海外で受けることも出来ますし、アメリカなどの場合は、日本よりも費用が安くて済みます。しかし、海外まで行く旅費の事を考えれば、費用面で言うと得は無くなってしまいますし、デメリットもあります。

たとえば、アフターケアについてです。もし、レーシックを受けた後に、目のトラブルが発生した場合、出来ればそのクリニックで対応してもらった方が良いですから、日本に戻ってきている場合は、もう一度そのクリニックまで行く手間が掛かってしまいます。また、仕事などの都合もあると思いますし、すぐに行くことが出来ない場合もあるでしょう。もちろん、日本のクリニックで診てもらっても良いですが、レーシックを受けたクリニックではありませんので、その分費用が発生する事になります。

また、世界中では、レーシックを受けた後に、感染症を起こしてしまう可能性があるのです。最近、世界中で感染症も広がっているようですから、出来れば日本で信頼できるクリニックを見つけ、そこでレーシックを受けた方が良いでしょう。

レーシック後に目のトラブルが無い場合でも、定期検診を受けた方が良いと言われています。自分では気づかなくても、目にトラブルが発生している可能性が全くないわけではありませんので、定期検診を受けることが勧められています。しかし、海外の場合は、定期検診を受けることも難しくなりますので、出来れば日本で受けてみてはいかがでしょうか。